LoveYourself@奈良・大阪【心理セラピスト】なかのあやこ

心理を使って親も子も楽で幸せな育児(^^♪

ゲームは危険なもの?? 子育ての不安。

 

こんにちは。

@奈良・大阪リトリーブサイコセラピストなかのあやこです。

寒さも厳しい毎日ですが、お元気にお過ごしでしょうか。

1月らしい寒さが続いていますね。

ユニクロの暖パンとウルトラライトダウンで毎日を乗り切ってます。

みなさんも、体調には十分気を付けてくださいね!

______________________________________________________________________

 

さてさて先日、ママ友が言うのです。

「知り合いの子がね、、、不登校になっちゃって毎日ゲーム漬けなんだって。

それをきいて不安になっちゃって。うちはゲーム類は一切禁止にしたの!」

f:id:besideu21:20190117155348j:plain

これをきいて、どう思いますか?ゲームが、すべての原因でしょうか??

こどもの行動をすべて把握することはできません。友達とゲームの話をするときもあれば

遊びに行った先でゲームに触れることもあるでしょう。

いつまでも、「禁止」で解決できると思いますか?それよりも

安易な禁止の反動がくる方が怖いように思うのですが。。。

子どもは別人格です。親がいつまでもコントロールすることはできないのです。

でも、周りを見渡してみると意外と多いのかもしれません。

ついつい、子どもを監視し支配的な関わりをしてしまうお母さんが。

そんなお母さんたちに共通していること。。。

それは、母親自身が大きな不安を抱えているっていうことです。

子どもがゲーム漬けになったら

不登校になったら

落ちこぼれたら

仲間はずれになったら

そんなことになったら。。。

お母さんがイヤだから

お母さんがツライから

お母さんが恥ずかしいから

だから、そんなことにならないように

私の言うとおりにしなさい!!

って。お母さんの心が叫んでしまうんですね。それこそコントロールできないほどに。

こんなとき、母親の心は恐怖と不安でいっぱいなんです。

ざわざわざわざわ。ザワザワザワザワ。

これって、子どもの問題でしょうか?違いますよね、お母さんの心の問題です。

子どもがまだ小さくて、うまくコントロールできているうちは

お母さんは自分が抱えている恐怖や不安を感じなくてすむかもしれません。

だけど、、、こんな風にコントロールされて育った子どもって

はたして自分の人生を力強く生きていけるでしょうか?

親や先生のいうことよくきくいい子にはなりそうだけど

どこか無気力で

個性がなくて

自信がなくて

落ち込みやすくて

自分のことがわからない

そんなことになってしまいそうです。こんな風に育って欲しいわけではありませんよね。

 

繰り返しになりますが問題は子どもの行動ではなく、そこに反応している母親の心。

母親が持っている恐怖と不安です。

お母さん自身が小さなころに感じて、抱え込んでしまった怖さ。

その怖さが、子どもの行動によって刺激されてしまうのです。

これって自動的に反応しちゃうから、いくら頭で

子どもをのびのび育てよう!

いっぱい挑戦させてあげよう!

子どもの気持ちを受け止めよう!

なんて考えていても、できないのです。ちーん。

頭ではわかっているとしたら、よけいにツライですよね。

コントロールしたくないのに!コントロールせずにはいられない!

 

リトリーブサイコセラピーでは、幼少期になにがあったのか

どんな感情を心の中に凍結してしまったのかを、セラピストが

クライアントさんと一緒に見に行きます。

小さな自分が感じていた。だけど、誰にも受け止めてもらえなかった怖さ。

一緒に感じて、解放していきましょう。

きっと、お子さんともっといい関係をつくれるはずです。

わたしも、そうやって子育ての不安を手放してきた一人なんです。

子育てにいきづまったとき、リトリーブサイコセラピーを思い出してくださいね。

では、また~。