LoveYourself@奈良・大阪【心理セラピスト】なかのあやこ

心理を使って親も子も楽で幸せな育児(^^♪

反抗期が大切ってどうして?

こんにちは!

奈良・大阪の

リトリーブサイコセラピー

心理セラピスト

なかのあやこです!

自分を大切に

自分を生きていきましょう!

 

なんか急に暑すぎませんか??

きのうはさっそくクーラーを入れましたよ!

でも寒いのも嫌いで…

ガスヒーターもしまえずにいます。。。

ああー

暖房も冷房のいらない時期は短いなぁ!

 

______________________________________

さて。

先日、ツイッターで反抗期について

つぶやいたところ

反抗期があった人なかった人

子どもの反抗期があった人

なかった人

それぞれの立場から

たくさんのいいねとコメントをいただきました。

そこで、今日は【反抗期】について書いてみますね。

 

 

心理の現場では、反抗期ってとても大切なもの

だと考えられています。

なぜならそれは、

 

自分は親とは違うんだ

自分の価値観はこうなんだ

自分の生き方はこうだ

自分はこう感じるんだ

自分はこう考えるんだ

 

いままである意味、

一体化していた親と自分というものを

分離して、本当の自分・自己を確立していく時期

だからです。

親の庇護下にいた子ども時代を終わらせて

大人の自分へ変化していくとても大切なプロセスで

あるわけです。

f:id:besideu21:20190527112651j:plain

パパと私は違うの。。。

 

 

ところが、このとき

たとえば

親が支配的で反抗することができない

または、

親が苦労しているところを見ていて

親を気遣って反抗できない

なんてことがあると、子どもは反抗期を経験することが

できません。

 

 

反抗期がないことがどうして問題なの?

反抗期なんてない方がいいじゃない

なんて声もきこえてきそうですが。。。

 

 

生きづらさを抱えて、心理カウンセリングや

セラピーを受けに来られる方は

ほとんどが

「私には反抗期なんてありませんでした」

とおっしゃいます。

 

あなたは

  • 自分の好きが分からない
  • いつも人の目が気になる
  • いつも自分責めをしてしまう
  • 指示がないと動けない
  • 自立したいけれど怖い
  • いつも恋愛がうまくいかない

 

なんてことはありませんか?

もしかしたら

 

反抗期を経験しないまま

親の価値観で生きている

親の言うとおりに生きている

親の庇護化で生きている

状態なのかもしれません。

そして、それは

本当にあなたが生きたい人生では

ないのかもしれません。

もちろん!

反抗期がなかったからダメ、問題

なのではありませんよ。

でも、可能性のひとつとして考えてみてくださいね。

 

 

反抗期って

親にとっても子どもにとっても

苦しくて大変な時期かもしれませんよね。

だけど、【自分】というものを

確立していく時期だって思うと

避けるのではなく怖がる必要もなく

むしろ

お!ついにきたな!

くらいに歓迎すべきことなんです。

 

 

健全に親と分離できた子どもは

また、親とつながりにきます。

大人と子ども、ではなく

大人と大人として。

なので安心してくださいね。

f:id:besideu21:20190527112024j:plain

言われてみれば

漠然とした生きづらさを抱えている

そして考えてみたら

反抗期がなかったことも気になる

 

そんな方も、今からいくらでも

本当の自分をとりもどして生きることはできます。

一人ではどうすればいいのか分かりませんよね。

ぜひ、プロの手を借りてくださいね。

 

ひき続き、モニターさま募集しております。

www.beside-urheart.com

 

 

心の悩みを整理してみませんか?

電話カウンセリングはこちらからどうぞ。

f:id:besideu21:20190128151215p:plain