LoveYourself@奈良・大阪【心理セラピスト】なかのあやこ

心理を使って親も子も楽で幸せな育児(^^♪

映画【ロケットマン】天才ミュージシャンが本当に欲しかったものとは

こんにちは!

奈良・大阪の

リトリーブサイコセラピー

心理セラピスト

なかのあやこです

自分を大切に

自分を生きていきましょう!

 

 

夏休みが終わりに近づいてきましたねー

早いところではもう今日から新学期という

ところもあるみたいです。

夏休みって。。。

子どもを楽しませなくちゃいけない!感が

私はちょっとしんどいのですよね~

連日、遊園地、プール、海水浴なんかに

連れていくわけですけど

親の休み、いつ!!??ってなるのww

 

夏休み、早く終わってほしいなんて

親が言うのはひどい!という意見もあるみたいですが。。。

メインの養育者やってたら、そう言ってしまうこと

くらいあります!ねぇ!?(と賛同を求める)

なにはともあれ、元気で無事に新学期迎えられたら

それでヨシ!ですね(^^♪

f:id:besideu21:20190826131558j:plain

 

 

 ____________________________________

 

 映画好きのあてくし。

エルトン・ジョンの生涯を描いた映画

【ロケットマン】を観てきましたよ~。

 

ボヘミアンラプソディーに通じる感じも

あるけれど、よりいっそう主人公の内面

心の模様が描かれていました。

 

 

両親からの愛情を得られなかった幼少期

そのうっぷんを晴らすかのように、

少年レジナルドは自分の情熱を音楽にぶつけていく

ちっぽけな自分を否定するかのように名前も変え

一気に世界的なスターになっていくエルトン

でも、その心の中は…

 

ありのままを

愛されずに

ありのままを

否定して

別人のような自分を演じるエルトン

 

 

いつの間にかそんな自分を

やめられなくなり

彼はあらゆる依存症に陥ります

ドラック、セックス、アルコール、買い物

 

自分を麻痺させて

過激な衣装、過激なパフォーマンスを

繰り返すエルトン

 

でも、彼が心の底で望んでいた

愛するひとからの本当の愛情は得られないまま…

 

 

  • 偽りの自分を演じるしかない心理
  • それを評価され、役から降りられなくなっていく様
  • 本当のちっぽけな自分を見透かされる恐怖
  • そんな自分は見捨てられるのではという不安

 

思いあたる人もいるのではないでしょうか?

 

 

劇中には、もちろんエルトンの両親も描かれていますが

これがまぁ、クソ!!まさに毒親!

ぜひ映画の中で確認してみてください

親に愛されない

親に否定される

親に利用される

子どもにとってどんなにどんなに悲しいことでしょう

 

 

まだエルトン・ジョンを名乗る前

孤独な少年レジナルド・ドワイドだったころの彼が

本当に欲しかったのは、

両親からのあたたかいハグ

だけだったのかもしれません

それすらももらえない、そんな悲しみが

彼をあそこまで追い詰めてしまった

のかもしれないと感じました

 

 

この映画のいいところは

エルトンが、本当の自分の気持ちに

気づき、そこからの再生が描かれているところ。

 

 

ドラッグやアルコールに逃げることをやめ

偽りの自分を続けることをやめ

心の内側と向き合うエルトン

置いてけぼりにしてきた

少年レジナルドを

エルトン本人がハグをします

f:id:besideu21:20190826134115j:plain

 

これってつまり、インナーチャイルドワーク。

心の傷からの回復に、とても重要な場面です。

そこから、彼の本当の癒しが始まるのだと

思いました。

 

 

いやー!

よかった!エルトン役の俳優さん素晴らしいです。

そして、この映画の監督は心理のことを

よくご存じなのだと思う。

心理に興味がある人はもちろん

映画好き、エルトン好き、ミュージカル好きは

絶対に楽しめる映画です!!

 

 

 

心の悩みを整理してみませんか?

電話カウンセリングはこちらからどうぞ。

f:id:besideu21:20190128151215p:plain

 

 

facebookページ

https://www.facebook.com/sinri.nakano.ayako/

ツイッター

https://twitter.com/nakanoayako521

フォローお願いします(^^♪