LoveYourself@奈良・大阪【心理セラピスト】なかのあやこ

心理を使って親も子も楽で幸せな育児(^^♪

【ジョーカー】笑いか殺人か。こっちを向いて、僕を見て。

奈良・大阪の

リトリーブサイコセラピー

心理セラピスト

なかのあやこです

自分を大切に

自分を生きていきましょう!

 

11月の募集スケジュールです。

よろしくお願いします(^^♪

www.beside-urheart.com

 

 

秋が深まってきましたね。

急な冷え込みに体が追い付かない方も

いらっしゃるかもしれません。

身体と心はつながっていると言います。

身体が冷えるとメンタルの調子も落ちがち…

あたたかくして過ごしたいですね。

f:id:besideu21:20191030152817j:plain



____________________________________

今日は映画【ジョーカー】を観て

心理的に思うところを書いていきますよ。

(以下、ネタバレありです)

 

貧しいながらも、人に笑顔を届けたいと

コメディアンを目指していた人間味あふれる男が

ジョーカーへとなり果てるさまを描いた物語。

善良な彼がどうして殺人鬼になってしまったのか

その理由のひとつとして

本当の彼を誰も見ようとしなかった。

そして、彼自身も

本当の自分に気づくことなく

仮面の自分を演じ続けた。

という側面があるのではないかと私は感じました。

 

 

 彼の名はアーサー。

アーサーの母親は彼を

「ハッピー」と呼ぶ。

(押しつけも甚だしいんだけど)

幸せの欠片もないような生活の中で、常に笑顔でいること

を選択した幼いアーサー。

(ヒーターに括り付けられてさえ!)

ママに笑顔を届けたいと思い続けていた少年は

大人になり、人々に笑顔を届けたいと

コメディアンを目指します。

f:id:besideu21:20191030152556j:plain

 

不器用であまりに人がいい彼は

やがて嵌められ、さらに不運が重なり

仕事を失い、殺人を犯し、追い詰められていく。

このあたりは観ていて苦しくなるばかり。

殺してしまったのがエリートだったために

不穏な社会で苦しむ貧しい人たちの共感を得たのか

彼はある意味、カリスマのように祭り上げられていく。

 

 

まるでショーのようにさらなる殺人を犯すジョーカー。 

映画のラストシーン、血だらけの口を指でなぞり

彼は自分自身に、大きく笑ったメイクを施す。

その際の、一瞬の戸惑い…

悪のカリスマを期待する群衆に応えるために

彼がジョーカーになった瞬間。

 

 

アーサーは、本当にコメディアンになりたかったのだろうか

ジョーカーは、本当に殺人鬼になりたかったのだろうか

コメディアン殺人鬼

一見、真逆にみえる2つの生き方だけれど

いずれにせよ、彼の心の底に渦巻いていたものは

こっちを向いて

僕に気づいて

自分自身への絶望と、認められたい、愛されたいという

愛情への渇望のように感じられました。

f:id:besideu21:20191030152617j:plain

 

 

殺人鬼ジョーカーとしての役割を選択した彼。

殺人鬼でいる限り彼は、

人々の視線を集めることが

承認を得続けることができる

欲しくてほしくてたまらなかった愛情の代わりに。

そしてそうである限り、彼はその役割から降りられないのでしょう。

 

 

上演後の映画館は誰もが沈黙。

あの重苦しい空気はあまり感じたことがないかもしれません。

見ごたえのある映画であることは間違いないです。

観るのに覚悟がいる作品かもしれません。

完成度、話題性、ダントツの作品であることは間違いありません。

 

映画【ジョーカー】にあなたはなにを思うでしょうか。

 

 

 

 

 

心の悩みを整理してみませんか?

電話カウンセリングはこちらからどうぞ。

f:id:besideu21:20190128151215p:plain

 

 

facebookページ

https://www.facebook.com/sinri.nakano.ayako/

ツイッター

https://twitter.com/nakanoayako521

フォローお願いします(^^♪